どのくらいお金に困っていますか?

親に頼んで貸してもらった金額と、実際に借りられた金額を見てみると、1万円から5万円程度の少額のお金を借りる人が多いことがわかります。

これは、金額が大きすぎると、親が借りられないのではないかと心配するため、少額を借りる人が多いことを示しています。

実際に借りた金額のグラフを見ると、「1万円~5万円」だけでなく、「10万円~20万円」と答えた人も多く、場合によっては希望以上の金額を借りることができていることがわかります。

親からお金を借りるのは簡単だからこそ、理由を正直に話し、返済計画を提示することが大切です。親に直接言う前に、今回のアンケート結果を参考にして、お金を借りる理由を整理してみてはいかがでしょうか。

今、あなたにはどのくらいのお金がありますか?どのくらい困っていますか?もっとお金があったら、何を買いたいですか?将来への不安を減らしたいですか?助けて!お金が借りれない方はこちら

この記事では、あなたの緊急度に応じて、「お金がない」状況から抜け出すための方法を見ていきます。これらのヒントにすべて従えば、あなたは「お金のない人」になる道を順調に進んでいることでしょう。

お金を借りすぎて、もうこれ以上借りられない…。返済に追われて、収入が減ってしまった これ以上借りられないほど、お金を借りてしまった…。

そんな時は、債務整理が唯一の解決策になるかもしれません。債務整理とは、その名の通り、借金を整理することです。個人情報が流出してしまうと、貸金業者に目をつけられ、さらなる被害を受ける可能性が高くなります。

では、お金を貸してくれる人はどんな人なのでしょうか?ある掲示板に「お金を借りたい」と書き込んだら、1時間で10通以上のメールが届きました。自分の連絡先を教えたのに…。