そこにあるのはトランクスかボクサーか

私が中学生になって少ししたある時、周囲の男子たちの間で小さな派閥が生まれました。
それは、ブリーフを卒業した私たちが履くべきものは、ボクサーパンツかトランクスか、というものでした。
友人の中でも少しませた子たちは、もう既にどちらかを選択していて、しかしその割合はちょうど半々という按排でした。
「トランクスは開放的で、柄も格好いい」と、少しやんちゃで運動神経の良いM君が言えば、「トランクスはおっさんが履くもので、父親が履いているところかルパン三世のアニメでしか見たことない」と反撃するS君がいて、さらに横から「ボクサーパンツはブリーフとあまり変わらない」とH君が口を出す、というように、どちらにもそれぞれの言い分があって、そしてそれは、いま彼らが履いているそのパンツの如何に準拠する、という具合でした。私の周りでは、私も含めて、トランクス派が少し有利だったように記憶しています。
その旗色が大きく変わったのは、私が大学生になった頃でした。周りのイケてる男性が皆、ボクサーパンツ支持に染まったのです。その割合は、実に8:2。しかも2割のトランクス支持者は、20代を目の前にして母親に服を買って来てもらっているような者か、トランクス支持を公言できずに密かに履いている隠れトランクス派か、という有様でした。
トランクス対ボクサーパンツ派閥戦争は、成人と社会人という自身の自己の確立の契機の付近で、増大パンツ派に軍配が上がったのです。この結果が、女性からの「増大パンツ履いてる方がセクシーだよね」という評価に大きく起因したことは、もう少し後、密かにトランクス派として抵抗を続けていた私が、女性の前でズボンを脱いだ時に明らかになったのでした。
やはり股間は大きい方が良いみたいなので、股間を大きくする効果がある増大パンツは人気が高いです。
>>おすすめ増大パンツの比較